ホーム > 学会レポート > 2011年12月3日第87回日本解剖学会近畿支部学術集会「演題1」で発表
2011年12月3日第87回日本解剖学会近畿支部学術集会「演題1」で発表

2011年12月3日第87回日本解剖学会近畿支部学術集会「演題1」で発表

「膜構造Fasciaで密閉された軟骨組織」は体を支える“基本的構造”

xf1670000406.jpg  軟骨組織の変化は不可逆的とされていますが、2003年、横浜私立大学・腰野富久名誉教授らにより、変形性膝関節症の荷重の偏りを整える手術で「すり減った軟骨の再生」が報告されました。幼児期には軟骨組織が骨組織以上に体を支え、「膜構造Fasciaで密閉された軟骨組織」が体を支える“基本的構造”であると考えてられます。「関節の“滑液”や“ゼリー状の水分が多い軟骨組織”が、なぜ、可動し変形して体を支えられるのか?」を考えると、膜構造で密閉された水の体積は外圧の変化に不変で、“水”を密閉するFasciaが不可欠です。 

  Fasciaで密閉された“軟骨組織”は“基本的構造”として、耳介などの弾性軟骨を含み、椎間円板や恥骨結合などでは硝子軟骨、線維軟骨が多様に組み合わさり、求められる機能に柔軟に対応しています。

その“軟骨組織”が「なぜ、すり減るのか?」を考えると、「水の滑液、水分が多いゼリー状の関節軟骨、リモデリングする固体の骨組織」を並べてFasciaで密閉した構造に、過剰な圧力をかけ続けると、骨組織との境界部で軟骨の細胞の分裂、増殖する機能が妨げられ、軟骨組織の退化、消失が考えられます。

日常的に、体を緩めて縮めていると、脊柱の椎骨・椎間円板を密閉するFasciaが弛緩して縮み、脊柱前弯部では椎間円板後方のFasciaが弛緩して後縦靭帯の両側から髄核のヘルニアが起こり、椎間円板は脱水して丈が縮みます。肩を後に退きお腹をへこめて腰を伸ばすと体が伸び、脊柱を密閉する骨膜・靭帯のFasciaは緊張し、加圧で椎間円板中心部の髄核の水が上下に突き出されて脊柱は伸展します。Fasciaで密閉された脊柱は体の伸縮・回旋に対応した構造です。

  「膜構造Fasciaで密閉された軟骨組織」は体を支える“基本的構造”として、柔軟に多様に対応して、従来の定説に反して、再生が容易であると考えられます。

ページの先頭へ