ホーム > 腰痛

腰痛

腰痛

腰痛医療では、腰痛の原因は解りません。NHKの番組(2011年)で、椎間板ヘルニアも原因と言えず、動いている間に治り、ストレスとされる腰痛患者も、犬の世話をしだしたら治ったというのは、腰をよく動かすことが重要です。

日常的に肩を楽にして、体を緩め縮めていると腰部の筋を包む筋膜や腱膜が縮んで硬くなり、様々な姿勢や動きの変化に対応できず、体質的にギックリ腰も起こります。
体を緩め縮めても、体をよく動かしている時は反り腰でも腰痛は発症しませんが、体の不調などで動きが途絶えると必ず腰痛などを発症します。

「筋膜療法」で四肢を伸ばして整えると、脊柱も伸びて体が整いますが、筋膜や腱膜、靭帯なども柔軟になり、基本的に「肩を後に退き背すじを伸ばして、お腹をへこめ腰を伸ばす」ことで脊柱も伸びやかになり、医療で不明な“筋骨格系の痛み”は起こりません。

ページの先頭へ